あなたの勃起不全を改善するには、ED原因となっている問題を知ることから始まる!

勃起不全の改善方法はED原因を知ることから始まる

EDが治らないから辛い。男としての自信が喪失される日々・・。

新しい彼女ができたり、恋人といい感じの雰囲気になったとしても、昔のように能天気にはエッチできない状態・・。

仮に挿入できたとしても、中折れで相手を悲しませる。自分の自信をさらに失うだけ・・。

 

って思ってませんか?

 

私は6年間に渡りEDに苦しめられてきました。

勃起できない辛さと、自分を信じれない疑心暗鬼にかかってきました。

でも、EDになった原因は必ずあるし、それは「事故・大病」以外なら間違いなく改善できます。

 

勃起できないまま、性行為を楽しめないなんて人生はまっぴらですよね。

でも、何もせずに待っていても、EDが治ることなんてありません。

しっかりと「自分のED原因は何か?」を自覚して、それを改善するための策を取ることが大切です。

 

異性・パートナーに自信を持って攻めれて、若かりし栄光を取り戻す。

男としての自信を取り戻すために、ED原因を自分の生活・カラダから撲滅しましょう!

元EDおやじ

当ページは「ED原因を全て羅列」したうえで説明しています。

非常に長くなっているので、目次を使って読みたいところから読んでみて下さい。

(自分のED原因が分からない場合は、一つずつ読み進めてみましょう)

加齢

ED 原因 加齢

誰でも歳をとると身体の衰えが出始めます。

また若いときのようなセックスに対する気持ちは無くなってしまいますよね。

サルみたいに異性のカラダを求めていた時とは違うはずです。

 

初エッチ時にペニスが経たないような心因性EDが原因でEDになる人もいますが、約90%の人は加齢がEDの原因といっても過言ではありません。

あなたも勿論その可能性が高いだろうし、私も加齢による身体の衰えがED原因でした。

加齢によるEDの大きな原因
  • 動脈硬化による血液循環の悪化
  • メタボリックシンドロームによる血流悪化
  • 加齢による高血圧
  • 加齢による糖尿病
  • 男性ホルモンの分泌低下・精液量の減退
  • 体力の衰え

動脈硬化

加齢によって起こりやすいED原因が「動脈硬化」による血液循環の悪化です。

 

これは、動脈が加齢によって硬り弾力性を失い、血液を送る機能が低下することであり、ペニスが勃起するのに必要なだけの血液を正常に送れなくなるのです。

ペニスは、脳から指令が出されて血液が集まって、それで膨張して大きく堅くなるわけなので、血液が届かなかったら元も子もないですよね。

 

血管の硬化は「42歳頃」から急激に衰えていってしまいます。

そしてペニスの動脈は細いので、動脈硬化の影響がモロに出やすい部分なのです。

 

歳がいったから勃起できなくなるんじゃなくて、血管が硬くなってしまい、ペニスに十分な血液を送れないから勃起しなくなる・EDになったと感じるということになります。

 

動脈硬化によるEDの改善策としては、身近なものでは「DHA・EPA」が多く含まれる食べ物を摂取することが重要です。

有名なのが魚で、青みがかかった青魚やまぐろ・かつおなどの赤身の魚にも多くDHAが含まれています。

 

また「たまねぎ・ごま・くるみ・葉酸・チョコレート」にも動脈硬化を抑制する栄養素が入っているので、積極的に採りたいところです。

 

ただし、嫌いなものや普段食べない物を食べろと言われても、正直続かないし高くつくのが定石ですよね。

僕なら続きません。3日坊主になって終わりです。

今までもプロテインや栄養食品を腐らせました。

 

なので、金銭的にも手間的にも、確実に続けれる物を考えるとサプリメントが一番最適です。

面倒くさがりな僕でも続けれました。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム 血流悪化

上記の動脈硬化と関連しているんですが、内臓コレステロールの溜まりすぎ「メタボリックシンドローム(通称:メタボ)」もEDの原因になります。

 

メタボリック症候群は40代50代の方にとても多い症状で、カロリーが高くて旨い飯を食いすぎるとなります。

会社の飲み会でビールをしょっちゅう飲んだり、シメにラーメンを食べたり、内臓脂肪がつきやすい食事を取ることが多いですよね。

 

メタボと言われる状態は「内臓脂肪が多い」ことを指して、そうなると、活性酸素と言われる「体内の臓器を破壊する物」がどんどん体内に生成されます。

そうなると・・もちろん血管や神経組織などあらゆるものを破壊していくわけです。

そしてそれと同時に、一酸化窒素という、血管拡張・勃起に欠かせないものが減っていってしまい、どんどん強いEDの元へと変貌していきます。

 

ED克服サプリメントは、一酸化窒素を効率よく発生させるために「アルギニン」というアミノ酸が多く含まれています。

つまり、メタボでサプリ無しというのは、これからEDを食い止める要素がないに等しいわけです。

高血圧化と糖尿病

年齢が上がるにつれて発生する割合が多いのが高血圧症です。

 

医学論文で、高血圧の男性の27%~68%がEDと深い関係があるとしていて、高血圧を治す薬を飲んでいる場合は要注意です。

また高血圧の場合は、動脈硬化が進んでいる可能性が高いので、高血圧になっている場合は勃起能力が衰えていることが殆どです。

 

そしてもっとヤバいのが糖尿病で、糖尿病になっている人の80%がEDを合併しているというデータがあります。

なぜヤバいのかというと、糖尿病になることによって「神経障害・海綿体の機能不全(ペニスの本元)・動脈硬化」の3つが関係していて、併発する可能性が高いのです。

 

高血圧と糖尿病は、れっきとした病気なので、サプリメントを飲むだけでは完治するのは難しいのが現状です。

ただ、しっかりと生活習慣を改善しながら、勃起力を上げる有効的なサプリを摂取していけば、数ヵ月でED克服することも現実的な範囲で可能です。

 

メタボもそうですが、毎日の積み重ねで病気・症状がでたり、EDが進んでしまうので、それらを解消しながらED改善サプリを飲む。

つまり真逆の行動をとれば治せるのです。

男性ホルモンの低下

男性ホルモン 低下

加齢が進むと「男性ホルモン(テストステロン)の分泌」が減っていきます。

 

サプリメントなどで補っていれば別ですが、普通は20代がピークで、そこから70代まで徐々に精力・性欲は減少してしまうんです。

そして、単純に精液量が減ったりしてしまう他にも、心にも影響を及ぼします。

加齢が進んで男性ホルモンが減ると「エッチに積極的になれない・やる気が出ない・自信が出ない」といったことにも繋がっていきます。

 

若い頃はサルのようにセックスしまくっていた、女の子に色目を使っていた男性でも、これらの影響で落ち着いてしまうんです。

逆に、若い頃から性に積極的じゃなかった場合は、歳を重ねるごとに「性に億劫」になってしまうんですよね。

 

私もそんな感じで、どんどんエッチに対するやる気・自信・積極性が減っていたように感じます。

逆に、運動を頻繁にしたり、亜鉛や精神状態を整える栄養が含まれたサプリメントを摂取していると、どんどん性欲が湧いてくるのでお勧めです。

体力の衰え

あなたもひしひしと感じていると思いますが、歳を取ると体力が落ちますよね。

飲み会でビール飲んで、深夜近くに帰るとそれだけでゲッソリ。

運動をしないから、たまに階段を登ると息が切れてしまう。

 

それは、エッチにも当てはまります。

疲れているときはしたくないし、体力が残っていないから勃起もできない。

そして疲れがあって乗り気になれないと、気力も落ちてしまいますから、大問題です。

 

AV男優さんでも50代60代の人はいますが、その分筋肉トレーニングをして体力をつけていますし、性欲が強い同僚や先輩はやっぱ体力ありますね。

 

日々の睡眠の質が悪かったりしても、毎日体力が十分に回復できない原因になりますし、偏った食事や運動不足でも同じです。

仕事終わりや休日に軽くジョギングしたり、サプリメントを摂取して根本的な体力回復を目指しましょう!

生活習慣

ED 原因 生活習慣

加齢の次にあなたに関係しているであろうものが「生活習慣の乱れ」です。

 

タバコを吸っている、お酒を沢山飲んでいる、食事が偏っている、運動を全然していない。

日常的に普段から行っている行動が、実はEDの原因になっていることが多く存在しているのも事実・・。

 

例えば過去の話ですが、私は20代のときに一度EDになっています。

その時はタバコの量を半分に減らして、運動を定期的に行うことでEDが改善されました。

 

今思えば、あの時は若手サラリーマンとしてろくに飯も食わずに働いていたこともあり、生活習慣が乱れすぎていて、勃起もままならない状態だったなーと・・。

飯も食わない、タバコは吸う。飲み会は出る、運動はしない。

そしてがっつりストレスを感じている・・・そりゃ勃つものも勃ちませんよね。

 

しっかり男性ホルモンも生成されてないだろうし、それに必要な栄養も足りていないんですから。

毎日の生活習慣がEDを及ぼす原因
  • 喫煙・タバコの副流煙による栄養破壊・栄養不足
  • 飲酒による栄養消費
  • 食事の偏りによる栄養不足
  • 運動不足による体力の衰え・睡眠の質低下

タバコ

タバコに含まれる老化を促進させる物質には、動脈硬化を進めてしまう効果が当然あります。

そして、タバコに入っているニコチンは「血管を収縮させる働き」があるので、動脈を細くしてしまいます。

 

つまり、勃起に必要な血液がしっかりと海綿体に届かない状態を作りだしてしまうので、勃起には大敵なんです。

「性行為の前に吸わなかったらいいんでしょ?」

と思うかもしれませんが、喫煙することでどんどん血管が細く硬くなり、血圧も上がってしまうので、直前がどうこうという話ではありません。

 

そして、タバコはビタミンや亜鉛を破壊する能力も持っています。

ビタミンAの吸収率を定価させて、ビタミンB12が煙の中にあるシアン化水素で消費されて、ビタミンCに至っては非喫煙者の半分以下というデータが出ています。

 

また、タバコを吸うことで老化促進の元となる「活性酸素」が生じるわけですが、これの分解のために「大量の亜鉛」を消費してしまうのです。

亜鉛はアルギニンやチロシンと並ぶ、勃起に必要な栄養素なので、もはや致命的ですよね。。。

 

ただ、じゃあビタミンA.B12.Cと亜鉛だけを大量に摂取すればいいのかということになりますが、それは間違いです。

効果的に栄養を吸収するには、他の栄養がしっかりと足りていることが前提なので、数種類取ればED改善できるわけではありません。

 

バランスの取れた食事を続ける、もしくは精力サプリメントで総合的に栄養を補給する。

このどちらかが必須で、私は後者を選びました。

飲酒

飲酒 栄養素 消費

飲酒・アルコールを少量飲むことは、ストレス改善に役立つのでED改善にはアリです。

 

ただし大量に飲んで酔っ払ってしまうと、神経伝達が正常に出来なくなるので、勃起しにくくなってしまうのも事実です。

と、これぐらいは他のホームページでも記述されている話なんですが、アルコールを摂取することによって「失われる栄養素」が存在しているのも事実・・・。

先ほどのタバコの欄でもでましたが「ビタミンA・B・C・D・E・葉酸・カリウム・亜鉛・カルシウム」などの多くの栄養がアルコールの影響で失われます。

葉酸は動脈硬化を防いでくれる栄養ですし、亜鉛に至っては精液の源といっても過言ではない栄養素なんですよね。

 

少量ならOKというのは、気持ちの面を加味すると、という話であって、元から栄養が不足しているED状態の体には完全に害となってしまいます。

ただ、お酒の飲まなくてもいいサラリーマンの男性は日本でも至極わずかしか居ないと思うので、上手に栄養を取りながら付き合うしかないかもしれません。

不規則な食事

今までの項目でも沢山栄養の話をしてきましたが、偏った食事は勃起能力を著しく低下させてしまいます。

 

どの栄養が一番大事かとは言えませんが、日々消費だけされていく栄養素をもし摂取していないとしたら、ED改善なんて出来る訳ありませんよね。

だって外から入ってこないのに、内では日常的に減っていく栄養があるんですから。

 

よく言われているのが、血液をサラサラにする「納豆」を摂取したり、ごま油や雑穀、ココナッツオイルなどの老化を食い止める不飽和脂肪酸がコレステロールを減少させてくれるというものです。

亜鉛が豊富な「貝のカキ」や、タンパク質や鉄分を効果的に摂取できる「鶏肉」もED改善には定番の食品ですね。

 

ただ、カキなんかは高いし、納豆は嫌いな人も沢山います。(私も無理・・)

できるだけ肉・魚・卵・野菜・海藻類を取れるようにバランスのいい食事を心がけるしかありません。

 

楽をしようとすると、「食事は好きなもの・足りない栄養はサプリ」となります。

運動不足

ED 原因 運動不足

生活習慣最後の欄は「運動不足」と「睡眠の質」についてです。

 

これは私が実際に強く感じたことなんですが、やっぱり運動って物凄く重要なんですよね。

サプリメントを摂取しながら、日々の生活習慣を改善した後で「ED改善に成功した後の話」なんですが、運動した次の日は大抵「朝立ち」するんですよ。

 

おっさんになってもまだ、しっかりと勃起して目覚めるわけです。

ED克服サプリを飲んでいた時も朝勃ちはしていましたが、運動して体を疲れさせた翌日は、より高確率でペニスが元気です。

 

筋トレやジョギングなどの運動を行うことで、男性ホルモンであるテストステロンが分泌されます。

そして体が疲れていたり、走ったり体を動かすことでストレスが発散できるので、睡眠の質が大幅に向上するんです。

 

ずっと4~5時間といった短時間睡眠をしていたわけですが、運動した日は疲れが出て眠くなるのが早いので、必然的に6~7時間は寝ます。

そういった睡眠時間の長い短いも男性ホルモン分泌に大きく関わっているので、運動は勃起力向上に重要なことなんです。

 

運動不足+眠りの質が悪いと、それだけ本来分泌されるホルモンが減少したり、バランスが乱れてしまいます。

女の子でも、眠りが浅い場合はホルモンバランスが乱れてしまい、月経前症候群(PMS)が強く出たり、生理不順になったりします。

 

男であっても、ホルモンバランスが正常でないと、子作りに重要な生殖器の働きが悪くなるんですよね。

運動と睡眠の質を舐めてはいけません。

精神を落ち着かせて眠りの質を向上させる栄養素が、ED克服サプリに入ってるぐらい重要なんです。

ストレス

心因性ED ストレス 原因

加齢や生活習慣によるEDは40~50代男性には多いですが・・・

20~30代男性に多いのが「心因性ED」というもので、若くても勃起できなくなる原因になります。

 

大きなプレッシャー、ストレスを感じるとEDになってしまうもので、早い話が「初体験」のような状態ですね。

初めてリアルでみる女の子の裸体がそこにある、ペニスを挿入すれば童貞卒業。

誰もが経験することで、興奮しまくる・・・かと思いきや、緊張してうまく勃起しない。

 

これは、「初めて性行為をするという大きな不安」が原因で、ストレスが勝ってしまい上手く勃起することができないものです。

 

いざ勃起して挿入したとしても、腰の動かし方が分からなかったり、女の子が痛がって中折れしてしまうこともあります。

セックスに対するプレッシャー、そして日常生活で受ける様々なストレスも、EDの大きな原因の一つなのです。

ストレスが原因となる心因性EDの種類
  • 日常生活に受けるストレス(現実心因)
  • 無意識に感じているストレス(深層心因)

日常的な現実心因

日常的に受けるストレスでのEDを現実心因と言います。

自分でも分かる範囲のストレスのことで「コンプレックス・エッチに対するプレッシャー・仕事上のストレス」など多岐に渡ります。

 

家庭環境や人間関係・経済的な不安や不満なども含まれていて、日常に存在するストレスがこれに当たるんです。

これについては、どれだけ自分でストレスの原因となっているストレッサーを排除できるか、ストレス解消を上手にできるかが重要になります。

 

私は、1人カラオケに毎週1時間ほどいったり、むしゃくしゃした時はジョギングに出かけるようにしています。

大声を出したり、体を動かすとスッキリできますし、時間やお金をそれほど使わない・体にも悪影響がでない方法なのでお勧めです。

 

また、下記リンク先のED克服サプリメントには、不眠やうつ解消に役立つ精神ケア栄養素が含まれています。

今はストレス社会と言われるほど、日常的にストレスを受けるのが普通ですから、心を落ち着かせる成分もED改善には必要なんですね。

非日常の深層心因

さきほどの現実心因とは真逆で、無意識レベルでのストレスがEDの原因となる深層心因です。

 

例えば、パートナーへの不安や不満、小さい頃のトラウマ(いじめ等)で、自分に自信が持てなかったり、性行為となると極端に気落ちしてしまう場合などがあります。

心の奥底にあるストレス原因なので、このケースは自分だけでの治療は難しいです。

精神的な分析を行ったり、カウンセラーとヒアリングを通して、奥底に眠った原因を解明しなければいけません。

 

ただ、自分で「自身が持てない理由・過去のトラウマ」が分かっている場合は、自力でED改善することも出来ると思います。

私も色々ありましたが、考え方を変えることで自分に自信が持てるようになりました。(元ひきこもり・いじめられっ子)

病気やケガ、薬の作用

ED 病気 ケガ 原因

ほとんどの方が「加齢・生活習慣・ストレス」の3つがEDの原因となっています。

ただ、病気やケガ、薬の副作用の影響でEDになることもあり、これらのケースはお医者さんとの話し合いが必要です。

EDになってしまうとしても、命を守るための薬・手術の影響であれば仕方がない部分もあるので、該当する場合はかかりつけ医に相談してみて下さい。

イレギュラーなEDの原因の種類
  • 主に泌尿器科系の病気が原因のED
  • 血管・神経が傷ついたことによるケガが原因のED
  • 治療中の神経系に作用する薬が原因のED

病気

病気が原因でEDになる場合の多くは、ペニスや男性ホルモンの生成を司る精巣部分、泌尿器科系が多いのが現状です。

 

有名なものが「前立腺・包茎」の2つで、前立腺の大病が「前立腺肥大症」と言われる、加齢と共に前立腺が肥大化するものです。

40歳頃から発症する方が多く、60代男性になると6割の人に見られる症状となっています。

前立腺が肥大すると尿道ほか様々な部分が圧迫されるため、満足に勃起するための血液を運ぶことができなくなります。

 

また「包茎」は病気とは言いにくいですが、皮をかぶっているので刺激に慣れておらず、物理的に勃起しない要因となる場合があります。

それと、包茎状態のペニスを異性に見られるのが恥ずかしく、それがプレッシャーやストレスとなって表れることもあります。

EDの原因にはストレスが大きく関わっているので、包茎はED改善のためには治療するべき病気なのです。

ケガ

ケガ ED 原因

ケガをしてしまい、血管や神経を損傷することでEDの原因になります。

 

一番多いケースが「脊髄の損傷・骨盤外傷」など、神経を伝達するのに重要な部分を傷つけてしまい、脳から出た「勃起するぞー!!」の指令が正常に届かないことが挙げられます。

体自体が元気であっても、脳から勃起するための命令がしっかりと届かないと、満足いく勃起はできません。

 

また血管の硬化や収縮による細くなることのほかに、血管自体を損傷してしまっても血流が悪くなってしまいます。

これらのケースも、私たちが自己流で改善できるものではないので、まずは理由となる原因を掴むために病院にいくことをお勧めします。

最後は服用している薬剤の副作用などがEDの原因となるケースです。

 

一般的には、勃起に関わる「神経・循環器・消化管」に作用する薬剤が挙げられます。

その中でも普段から私たちが服用するものに「解熱剤・精神安定剤・抗うつ剤・睡眠薬」があり、精神的に不安定な人ほど服用しているケースが多いです。

 

解熱剤や睡眠薬も、少量であれば普段から使っている人もいると思いますが、勃起の指令を神経を使ってペニス・海綿体に届けるので、日常的に利用している方は注意しましょう。

また降圧剤や利尿剤などもEDの原因となりえるので、上記以外の薬を常用している場合もお医者さんに相談してみましょう。

ED・勃起不全となっている原因は分かりましたか?

上記では大別して「加齢・生活習慣・ストレス・その他」の4つの原因を紹介しました。

99%の人が上記のうちどれか1つ、または複数の要因が合わさってEDとなっているはずです。

私の場合は、

「加齢・生活習慣・ストレス」

の3つがED原因として当てはまっていました。

 

ただ、自力で改善できるものもあれば、どうしてもサプリメント等の効率的な方法に頼らないといけない部分も出てきます。

 

運動するだけじゃ足りない、食事を気を付けるだけじゃ足りない、ストレス解消のいい方法を取り入れるだけじゃ足りない。

体と心は複雑なので、自分が考えた独自のメニューを組むだけでは、一朝一夕でED改善とはなりにくいのが現状です。

 

ただし、継続的にしっかりとED解消に取り組めば、原因が分かっていれば必ず勃起できるようになります。

40~50代でも、60代であっても、本来の勃起能力を取り戻して、自分に自信を持ちながら女性とエッチすることが出来るんです。

 

下記リンク先では、「バイタルアンサー」という精力サプリメントの詳細を記載してあります。

インターネット通販専用の商品で、多くの評価を得ている優れたED克服サプリメントです。

 

何が優れているのかというと、様々なEDのケースに役立つ厳選された栄養素のみが配合されていることです。

勃起に不可欠なビタミン類・亜鉛・アミノ酸類はもちろん、動脈硬化を解消するためのアルギニン。

そして心のケアに必要なトリプトファンなど、高品質な栄養素のみが濃縮されている優れた味方です。

 

「EDを絶対に克服してやる…」という強い気持ちがあるならば、男性サプリメントの利用を検討してみることをお勧めします。