1. ホーム
  2. 精力剤の選び方
  3. ≫精力剤は「安全性」が担保された商品を選ぼう|国内生産・GMP・HACCP

精力剤は「安全性」が担保された商品を選ぼう|国内生産・GMP・HACCP

日本で精力剤を販売している会社は「個人事業主~大企業~海外製作」と色々ありますが、安全性が担保されている商品を選ぶべきです。

小さな会社でも比較的簡単に作れて販売できてしまうので、今回は安全性が分かる項目を解説していきたいと思います。

国内工場

まずは国内工場で生産されているかどうかですね。

 

私は以前ED治療薬を個人輸入業者から買ったことがありましたが・・・その時は酷い目にあいました。

海外で作られたジェネリック医薬品のカマグラゴールドを試したのですが、粒ごとに効き目が全然違うんですよね。

 

全く効かない粒もあれば、効果と副作用がどえらく強い粒もあり、下手したら死ぬレベルの成分が入っているものもありそうでした。

日本でもバイアグラを使用して死亡した例もあるので、デリケートな問題を解決するための精力剤は「国内工場生産に限るな・・・」と強く感じたことをよく覚えています。

 

海外の工場で作ったほうが「賃料・人件費」を削減できるため、精力剤の中には海外製のものもいくつかあります。

しかし、ずさんな工程で作られた精力剤は全く信用できないので、国内工場生産の日本製を買うべきでしょう。

GMP基準認定

次にGMP基準認定を受けているかどうかです。

GMPとは、「安全で安心できる健康食品のための管理厳守事項を定めたもの」になります。

厚生労働省が「健康食品の安全基準を設けろ!」と過去に制定したため、GMP認証事業が作られて基準工場の安全性が担保されました。

GMP基準工場で作られている精力剤は、商品紹介の公式ページで「GMP認定」と書かれています。

逆に粗悪な商品は「安全です!」だけを書かれていてGMP認定工場とは記載していないことが多いので、安全性を確かめる際はよくチェックしましょう。

HACCP

HACCPとは、「食品製造の工程上の危害を起こす要因を分析管理し、安全を確保する食品の衛生管理法」のことです。(ハサップと言う)

世界保健機関に認められた国際的な管理法で、原材料の検査や微生物チェックなど、内容成分や調合比率の検査も行われます。

GMPが工場自体の認定で、HACCPが製品作成段階での認定基準といった感じですね。

内容成分が書かれていないような悪徳精力剤はHACCP基準を受けていないことが多いので、安全性の大きな判断材料になります。

急性経口毒性試験・残留農薬検査

急性経口毒性試験と残留農薬検査は、おもに

  • クラチャイダム
  • マカ
  • トンカットアリ

などの天然ハーブ製品にある安全性の項目です。

天然ハーブには植物の箇所によって毒性がある場合があるため、このような試験が取られています。

中にはクラチャイダム商品なのに試験内容が記載されていない公式ページなどもあり、そういった会社の商品は買わないことをオススメします。

販売元が株式会社

最後に、精力剤を買うときはなるべく「株式会社」が販売しているものを選びましょう。

 

派手な広告で効果がありそうな謳い文句が書かれている商品は、ほとんどが「有限会社」から販売されているのが事実です。

中身に自信がないために見かけだけを工夫して売ろうとしているわけで、小さな会社とる常套手段ですね。

 

精力剤は市場が大きいため、会社の規模に関わらずたくさんの商品が販売されています。

小さな会社が売っていて

  1. 効果の根拠がある成分が入っている
  2. 成分量が記載されている
  3. 実際に効いた商品

は今まで1度も出会ったことがありません。

株式会社が販売しているものを購入することをオススメします。

よく読まれているページはコチラ

精力剤 おすすめ ランキング

ED治療薬や精力剤などを試しまくった私が「精力剤の王者決定戦」を行いました!

【精力剤マニアが選ぶ】精力剤・精力サプリおすすめ人気ランキング!