1. ホーム
  2. 精力剤の成分
  3. ≫精力剤の主成分「アルギニン」の効果・効能を徹底解説!

精力剤の主成分「アルギニン」の効果・効能を徹底解説!

今販売されているネット専売品の精力剤をみると、かなりの高確率で「アルギニン」という名前を目にします。

そんな世に広まっている優秀な成分「アルギニン」の効果と効能について解説していきます。

精力剤の主成分であるアルギニンの効果・効能

アルギニンは、体内でも合成できる非必須アミノ酸です。ざっくり言うとタンパク質の一種ですね。

主な効果は、

  • 血管の拡張(一酸化窒素による血流改善)
  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 疲労回復
  • 筋肉の形成

などがあり、「ペニスを勃起しやすくさせたい・背を伸ばしたい(成長期限定)・カラダの疲れを取りたい・筋トレに励みたい」といった方にオススメの成分です。

 

精力剤の中にアルギニンが配合されているのは、「アルギニンは一酸化窒素を生成するため、血管が拡張されて血流改善されるから」です。

ペニスの勃起は血液が充満することで起こるため、勃起力=血流量といっても過言ではありません。

 

精力剤のターゲット層である40代50代の男性は、加齢や生活習慣の中で「血管が硬く細くなっている(動脈硬化)」ため、アルギニンの血管拡張効果がピッタリ合っているのです。

肉や大豆などのタンパク質にアルギニンは多く含まれていますが、毎日継続して摂るのは難しいため、精力サプリを通じてアルギニンを摂ることが重要なのです。

 

「そんな勃起力を上げてくれるアルギニンは危険じゃないの?副作用は?」というと、殆どありません。

アルギニンはアルカリ性なため、胃腸が弱い方が飲むととお腹が痛くなったり下痢をする恐れが理論上はあります。

しかし、大量に摂らなければ副作用はなく、厚生労働省はアルギニン摂取量に上限を設けていません。医薬成分じゃなくてアミノ酸ですからね。

私は牛肉や牛乳を飲んだらすぐにお腹を下してしまうほど胃腸が弱いのですが、アルギニンで下痢したことは一度もありません。

アルギニン入りの精力剤を飲んだほうがいい人

アルギニン入りの精力剤をずばり飲むべきなのは、

  • ペニスが朝起きても勃たなくなった人

です。朝立ちがなくなってしまった方全員ですね。

 

朝立ちは、血流悪化していると起こらないものです。逆に血流が確保できていれば、歳をとっていても起こります。

ペニスの勃起力に血流が関わっているのはもちろんのこと、動脈硬化の症状が進んでいくと脳卒中などの命の危険がある病気にもなってしまいます。

朝立ちしなくなるほど血行不良になっているなら、今すぐアルギニンを摂って「朝立ちできるような血管・血流」を確保するべきでしょう。

 

食事制限をしっかりして運動不足を解消すれば、アルギニン入りの精力剤を飲まなくても朝立ちするようにはなります。

けれど、今までの生活習慣を送っていては、血管は硬く細くなるばかりで、精力を取り戻すことはできません。

 

私はタバコもお酒もやめられないので、仕方なしに精力剤を飲んでいます。

アルギニンさえ摂っていれば、ペニスの勃起力をそれなりに保つことができるので、精力剤を飲んでいればOKと思うと気が楽です。

 

朝立ちしないのは歳をとったからではなく「血管が衰えているから」なので、放置せずに何かしらの対処を取りましょう。

アルギニンが含まれるおすすめ精力剤とは

アルギニンがたくさん配合されていて勃起力を高められる精力剤は

  • クラチャイダムゴールド
  • ヴィトックスα
  • バイタルアンサー

の3つがあります。

朝立ちしないほど重症化している血管には、アルギニン含有量が多い精力剤を飲みましょう。

詳しくは「【精力剤マニアが選ぶ】精力剤・精力サプリおすすめ人気ランキング!」へどうぞ。

よく読まれているページはコチラ

精力剤 おすすめ ランキング

ED治療薬や精力剤などを試しまくった私が「精力剤の王者決定戦」を行いました!

【精力剤マニアが選ぶ】精力剤・精力サプリおすすめ人気ランキング!