1. ホーム
  2. edの原因
  3. ≫勃起不全になったらもう手遅れ? - 年齢毎の原因と対策

勃起不全になったらもう手遅れ? – 年齢毎の原因と対策

勃起不全になったらもう手遅れなのか、いいえ、まだまだ間に合います。

勃起不全になってから何年経っていようが、しっかりと原因を追究して、それを解消できる対策を実行すれば、必ず治せます。

 

「いや、俺はもうインポテンツになってから10年経ってるし、無理だよ・・・」

なんて思ってるなら改めて下さい。

じゃあ一生放っておくの?って話じゃないですか。

 

どうせ治したい、治すって強く思うのであれば、今までの時間なんて関係ないんです。

勃起不全から脱却するための気持ちだけを強く持って、私と一緒に行動しましょう。

年齢毎に見る勃起不全の原因と対策

勃起不全になる原因は様々あって、加齢や生活習慣、病気、ストレスや運動不足など多岐に渡ります。

ただ、年齢毎に主な原因が異なるので、ここでは年齢別に勃起不全の要因となるものを書き出しました。

 

年齢別のED解消方法や対策も記載してあるので、自分が当てはまる場合は真剣に一度考えてみてください。

理由もなく勃起不全にはなりません。日々の積み重ねの結果が招いています。

 

そこを取り除くことができれば、勃起不全は治せます。

原因を知って対策を打つことはインポ解消には不可欠なものなので、諦めずにチャレンジしましょう。

20代男性に多くみられる勃起不全と解消方法

20代 勃起不全 解消方法

20代男性に多くみられる勃起不全の原因です。

  • タバコを大量に吸ってしまう・非喫煙者でも副流煙を吸う環境にある
  • 日常的に運動不足で、男性ホルモンの分泌が減っている
  • 精神的なストレスを強く受けている
  • 性行為時に過度なプレッシャー・緊張・不安がある

 

若い男性の場合は、加齢や生活習慣による影響はほとんど出ていない状態が多く、日常を少し変化させるだけで勃起不全を解消しやすい方が多いです。

上記では4つのED原因を書き出しましたが、大きく分けると3つに分けられます。


 

一つめの喫煙・副流煙に関しては、世代問わずに大きなED原因となる問題で、勃起に必要な栄養が破壊されることが大きい要因です。

タバコの煙には「タール・ニコチン」といった有害物質が多く含まれているので、それから体を守ろうとして大量の栄養が消費されます。

その中には、勃起に必要不可欠な「数種類のビタミン・亜鉛」があり、普段の食事でも足りていない状態のところに、タバコの悪影響が合わさると勃起不全を起こします。

 

また、タバコを吸うことで「血管が収縮」してしまうので、動脈が細くなって血流が悪化することも勃起不全の要因です。

ペニスの海綿体部分に血液が集まらないと、勃起できないんですよね。

なので性行為直前にタバコを吸ったりするのは絶対禁物ですし、普段からタバコを多量に吸っていると、どんどん勃起能力が結果的に落ちていきます。


 

二つめは運動不足があり、運動することによって、精力の元となる「男性ホルモン(テストステロン)」が分泌されます。

体を動かさない生活をしていると、どんどん男性ホルモンの量が減少していくので、性欲が単純に減退していくのです。

また体をある程度は疲労させないと眠りも浅くなり、睡眠の質も低下してしまうので、なおさら男性ホルモン量が減っていきます(ゴールデンタイムでの深い睡眠が必要)


 

三つめは精神的な要因になり、日常生活・性交時にストレスを強く受けていると、勃起できなくなるというものです。

ストレス自体にも男性ホルモンの分泌を抑制してしまう効果があるんですが、それ以外にもプレッシャー・不安を感じると勃起できない原因になります。

性行為シーン以外のストレスは男性ホルモンの量が減ってしまうし、性行為時のストレスは心理的なハードルが高くなり、勃起できるまでの興奮ができなくなるのです。


 

では、どうやったら上記3つの勃起不全の原因を解消できるのかということについて話していきます。

 

【タバコを大量に吸ってしまう・非喫煙者でも副流煙を吸う環境にある】

これはそのまんまですよね。タバコの量を減らすか、タバコ吸わない環境を作ることが大切です。

ただそれは難しい方もいると思いますし、私も結構なヘビースモーカーなので辞めることは出来ませんでした。

なので、タバコの弊害によって起こる「栄養消費・栄養破壊」の部分に着目して、それらの栄養を外から体内に入れてあげればいいのです。

具体的には「ビタミンA・ビタミンC・ビタミンB12・亜鉛」があり、この中でも重要なのが「亜鉛」です。

亜鉛は精液の生成や男性ホルモンの生成に重要な栄養素なので、亜鉛を死守しましょう!

 

【日常的に運動不足で、男性ホルモンの分泌が減っている】

これは運動するしかありません・・。ただ運動といっても、無酸素状態での「筋肉トレーニング」が一番効率がよく、反対に長時間の有酸素運動「マラソン」などは男性ホルモンの分泌でいうと効率が悪いです。

がっつり短時間であればより効率よく、継続的に運動しやすいので、男らしい運動方法を取りましょう。

(例:毎日腕立て・スクワットをする)(例2:定期的にダッシュ気味で3km走る)

 

【日常生活・性交時にストレスを強く受けている】

これに関しては人によって得意不得意があるので何とも言えません。

セックス時に「勃起しなくてもいい・挿入が全てじゃない・パートナーが喜べばそれでいい」と思うことが出来るなら、特に対策は打たなくてもいいと思います。

逆に、気の持ち様じゃどうにもならないという場合には、精神的なケア要素が盛り込まれた男性サプリメントを摂取するべきです。

抗うつ剤や精神安定剤は薬になりますし、それらには「勃起不全を促進させてしまう」ものが入っているのでNGです。

なので、天然由来のアミノ酸類が配合されている「バイタルアンサー」のようなサプリメントが最適です。

30代~40代男性に多くみられる勃起不全と解消方法

勃起不全 飲酒

次は30代男性に多くみられる勃起不全の原因と解消方法です。

 

20代の欄を見てくれている方は分かるかと思いますが、基本的に年齢問わずEDの原因となる要素は決まっています。

ただ、その中でも特にその年齢・世代に出やすいものを挙げているので、そこだけは理解しておいて下さい。

 

30代男性の大きな勃起不全の原因です。

  1. お酒の飲み過ぎによる栄養消費
  2. 生活習慣病による動脈硬化・血液ドロドロ
  3. 睡眠の質の低下による体力低下

 

一つめのお酒の飲み過ぎですが、サラリーマンであれば飲み会は避けては通れませんよね。

ただ、アルコールを摂取することで失われる栄養素が数多くあり、それが下記となります。

(この他にも様々な栄養が該当しますが、勃起に関係する物のみを掲載)

  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • カリウム
  • 亜鉛
  • カルシウム

 

働き盛りな男性には、飲酒は仕方ないことだと私も思いますが、その分勃起不全になるケースも多くなります。

上記栄養素は勃起力に大きく関係しているので、普段からこれらの栄養を摂取することを心がけましょう。


 

二つめは「動脈硬化・血液ドロドロ」で、20代男性にはない勃起不全の大きな原因です。

勃起のメカニズムを考えると分かるんですが、ペニスに血液を送らないと勃起は出来ない仕様です。

つまり、血液を送る血管自体が、硬く細くなってしまったり、その中を流れる血液がドロドロと粘着質を持っていると、それだけ勃起には不利な状態ができてしまいます。

動脈硬化が進んでしまう理由は「喫煙・飲酒・食事の偏り・肥満」と様々あるので省きますが、血管障害が出始めるのが30代と認識しておいて下さい。

 

これらを改善するには、動脈を柔らかく太くするための栄養素「アルギニン」を摂取したり、血液をサラサラにする効果を持つ食べ物「玉ねぎ・納豆」などを食べるといったことが挙げられます。

ただ、一つの栄養素・食事をとればいいというわけではないので、自分で管理するのが難しいのが本音です。

なるべくお酒やタバコを控えたり、ダイエットしてコレステロール・内臓脂肪を減らしたりといった努力をしつつ、動脈硬化を解消してくれるサプリメントを摂るのが一番ですね。

中々自制だけで勃起不全を治すことは困難なので、継続しやすいように「簡単に栄養が取れるサプリメント」をお勧めします。


 

三つめは睡眠の質に関してで、仕事が忙しく良質な睡眠を取れていない人は思いの外多いです。

しっかりと決まった時間にぐっすり寝ることが重要で、毎日就寝時間が違っていたり、睡眠時間が短かったり、眠りが浅いと疲れがとれません。

セックス・勃起するのには、体力も気力も使うわけですが、疲れが毎日取れずに溜まっている人が多く見受けられます。

あなたはよく眠れていますか?毎日眠たい目をこすりながら仕事していませんか?

 

これの解消策・対策としては、やはり寝具にこだわってみるのが効果的です。

快適に眠れる布団・ベッドの硬さ・マクラの高さ・保湿性と通気性を考慮したパジャマ。

そして寝る時間を毎日一定に保てるように、生活サイクルを自分で見直すことも重要ですね。

 

また以外かもしれませんが、あえて体を疲れさせるための運動をするのもやってみて欲しいと思います。

私はダイエットをかねて毎日3~5kmをジョギングしているんですが、運動したほうがぐっすり眠れるようになりましたし、目覚めもスッキリして体力もついたと思います。

あえて疲れる行動をして疲れを取るなんて一見馬鹿げていました、意外も意外、凄くいい感じですよ。

50代~60代男性に多くみられる勃起不全と解消方法

勃起不全 加齢 生活習慣

ラストは50代~60代男性の勃起不全の原因と解消方法です。

 

ぶっちゃけますが、50代60代になると、加齢と生活習慣の影響がモロに出ています。

そのため、EDの原因となっている要因は1個2個という話ではなくなってしまうんです。

様々な要因が混ざり合って勃起不全を起こしている可能性が高いので、どれか一つを気を付ければ治せるという話ではありません。

 

下記の複数個の要因が合わさっているので、ED克服サプリメントの摂取が必要不可欠なのが本音です。

  • 加齢による動脈硬化
  • 血液の粘着化による血流悪化
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • メタボリックシンドローム
  • 男性ホルモンの分泌量低下
  • 根本的な体力の衰え
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 食生活の偏り・栄養不足
  • 睡眠の質の低下

根本にある原因を解消すれば勃起不全から脱却できる

最後の50代60代男性の部分はざっくりしてしまいましたが、これが本当のところなんです。

 

自力で勃起不全を改善できるレベルと、そうではないレベルが確実にあります。

変に軽い期待を持ってED解消・対策を実行してしまうと、期待通りの結果が得られなくて諦めてしまう人が出てくるのではないかと思い、少しキツめに書きました。

 

勃起不全になっている理由や原因は必ずあります。絶対です。

そしてそれらを解消することができれば、対策を打って実行することが出来れば、必ず治ります。

どの年代の勃起不全にも言える、根本的な改善策

勃起不全 根本的 改善策

最後になりますが、勃起不全の原因は複数個ありますが、その根本はどれも同じです。

結局のところ「勃起に必要な栄養・ホルモン分泌が不足・体が準備できていない」ことが挙げられるんですよね。

 

タバコを吸ったり食事が偏ったりしていれば、栄養が不足していきます。

栄養が不足していくと、その分カラダが勃起状態を作り上げる準備ができません。

また睡眠の質が低かったり運動不足であったり、ストレスを受けすぎていると、ホルモンの分泌が異常になってしまい、正常に精力を作れないカラダになります。

 

最終的にはカラダ自体を強化してあげないといけないので、そのために栄養をしっかりとって、ホルモンバランスを正常に戻すことが必要不可欠であり、ED改善への重要な課題なんです。

 

年齢によって解決策は異なりますが、30代以上の男性は、ED克服サプリメントの摂取をお勧めします。

私もそうですが、どうしても自力改善っていうのは無理があるので、文明の利器に頼ったほうがいいでしょう。